留学時には必須のもの

女性

ケガや病気の出費を回避

海外に留学をする場合、パスポートの他に、国によってはビザも必要です。さらに、どの国に留学するにしても、現地でケガや病気になったときに備えて、海外留学保険に入ることが重要です。留学先では日本の健康保険は適用されず、病気やケガの治療を受けたときには、実費を支払う必要があります。クレジットカードの中には、海外滞在中の保険がついているものもあります。しかし、クレジットカードの保険では、適用される範囲は一部であり、支払限度額も高くはありません。留学先でケガや病気になったときの支払いに備えるためには、海外留学保険に加入する必要があります。海外留学保険では、加入時にプランを選ぶことができます。また、海外留学保険では、キャッシュレスサービスが採用されているものもあります。キャッシュレスサービスでは、保険会社から医療機関に医療費が直接支払われるため、被保険者は医療機関に料金を支払う必要がありません。海外では、携行品が窃盗の被害にあうことがあります。海外留学保険に加入していると、携行品の盗難に対しても、保険金を受け取ることができます。さらに、西洋諸国の中には、他人の所有物を破損したときに、莫大な損害賠償が発生することもあります。しかしながら、損害賠償に対しても、海外留学保険が適用されるので、金銭的な負担を回避することが可能です。海外では、日本国内の健康保険は適用されず、実費を医療機関に支払う必要があります。しかし、海外留学保険に加入していると、留学先の医療費負担を回避できます。