自転車は軽車両と同じ

自転車

気軽に乗れるので気が緩む

自転車は、小さい子供からお年寄りまで気軽に簡単に乗る事が出来ます。しかし、自転車でも大きな怪我や事故、他人にケガをさせてしまうことがあります。骨折や重症ならば入院の可能性もあり、加害者になってしまうこともあります。加害者になってしまった場合では、被害者に対して責任を負わなくてはなりません。運転に過失があれば刑事上の責任になり、障害を残してしまうような事故を起こせば民事上の責任も負うことになります。例えば、小さな子供が自転車を乗っていてお年寄りにぶつかって大きな怪我をさせたとしても多額の賠償金を請求されることもあります。近年では、このような事が多く発生しているので自転車保険が注目されています。特に小さい子供に自転車に乗らせる場合やお年寄りが運転する場合では、判断能力が劣るので事故の可能性が上がります。もしもの時に自分の家族や相手に対して賠償の備えをしておくことが必要になります。このことから、自転車保険は重要といえます。自転車は気軽の乗れるので気も緩みます。このことから事故の被害者や加害者になるリスクも多いようです。自転車は、誰でも簡単に運転ができる身近な物ですが、軽車両の運転者ということを意識する必要があります。自動車に乗れば保険に入るのと同じに自転車でも自転車保険に加入するのは大事なことかもしれません。自転車保険の存在は知っていても加入している人は、まだ少ないようです。もしもの時の備えとして考えるのも時代の流れと言えます。